おとます試験紙

乙女ゲーとシチュCDと防衛部、増田と広山

Virgin Vol.2(CV広山和重) 感想

宣言通り、Virginのほうも聞きましたので感想あげます。広山さん2作目です。

発売日順にスイスイから聞いたけど、内容的にもメタ的にもこっちから先に聞いたほうが良かったなと思いました。収録順はVirginが先らしいですよ。

 

18推のため追記からです。対象年齢未満の方はどうかスルーしてください。

完全に声オタの感想って感じだし相変わらず冷静さの欠片もない日記です。ネタバレもめっちゃする。あと全然関係ないわたしの神推しキャラの話が頻出します。

それでも構わない方は続きへどうぞ。

 

続きを読む

SWEET×SWEET(CV広山和重) 感想

お前がこっちにくるのか選手権2017年の首位独走間違いなし(個人の意見)、というか単純にわたしが一番待ってたCDがとうとうやってきた。
すごいよ2018年。やばいよ2018年。

 

ということで広山和重さんのデビュー作、スイスイの4作目を無事聞きましたので感想を吐き出します。

18推なので一応追記に下げます。対象年齢未満の方は見なかったことにしてください。

ちなみに作品の冷静なレビューとかじゃなくて推し声帯が18推に出た衝撃を綴る日記なので「購入の参考にしよう」みたいな方にはおすすめしないです。めっちゃネタバレします。

 

続きを読む

男遊郭ときわ・いろは 感想

d3p.co.jp

 

フルプライスで購入したフォロイーがしんどくて投げたというので、現在PSストアでセール中ということもあって怖いもの見たさで購入しました。

 

元がスマホ向けアプリのせいか、コンシューマゲーにしてはシステム面がちょっと物足りないかも。

シナリオはだいぶひどいです。設定もがばがばだし日本語の使い方も不安定に感じる。しかもゲームでSEがつけられるにもかかわらずテキストウィンドウで「ドォーン!」「バンバンバン!」「ポォー……」とかやられるとまあ脱力します。なんともいえないポエム感もあわせて昔読んだ携帯小説を彷彿とさせる。

 

ゲームの流れとしては、プロローグ後すぐにキャラ選択があるタイプ。追加キャラの慶次のみ攻略制限がかかっています。

全部でだいたい13~14章+エピローグといった構成。各話ごとにキャラからの恋文が届くというおまけコンテンツ付き。それから節分絡みのSSが2本と、一部キャラは更にバレンタインとホワイトデーのSSもあります。

1章が結構短いしどのキャラも性格関係なく3章あたりでとっととヒロイン様に心を許し惚れてくれちゃってるので、残りは適当に用意された障害物をなぎ倒していくゲーム。しかもだいたいヒロインの努力ではなくその場の勢い的なもので破壊されていく。

 

話の舞台となるのは男が花街にしか存在しないという島で、ヒロインはその島の船問屋の娘です。女で一つで育てられ(まあ男が花街にしかいないのでどこも母子家庭なんですが)母ひとり子ひとりで生きてきました。貿易商で金持ちのおじさんと懇意であり島では珍しく洋装で過ごしています。

ある日花街の菊屋へ遣いに行く途中、駆け落ちしようとしている傾城と女性に遭遇。傾城が島を出ることは禁忌であり、手助けしたものも含めて見つかれば必ず罰されるそう。ですが乙女ゲーヒロインにありがちなお人好しを発揮し、二人の逃亡を手助けします。たいへんに感謝された結果、大金と着物や簪などを譲り受けることに。メタ的に言えば初回ログインボーナスってとこですかね。

二人を無事に逃したあと、遣いを果たすために菊屋へ。

そこで貿易商の金持ちの娘と勘違いされたためか「一席ご用意しますよ」ともちかけられる。断れないままどの傾城にいたしますか? とキャラ選択場面へ……と、ここまでがプロローグです。

本来は特別お金持ちでもないのでこの冒頭で貰ったお金を切り崩して彼らに会いに行くことになります。

エンド数は悲恋、幸福、祝言の三種。悲恋はわかりやすくバッドエンドですが幸福と祝言はキャラによってはあんまり差がない気がします。結婚こそしてないけどだいたいハッピーエンドです。

 

 

以下追記からネタバレ有りの各キャラ感想です。攻略順に書いています。

 

続きを読む

EXTRAとCCC一巡しました

乙女ゲーじゃないけどCCCのギル√がめちゃめちゃ乙女ゲーを感じたからここに書きます。

どう考えても新婚旅行というか駆け落ちエンドでした。ネタバレ配慮なしです。

 

 

FGOのCCCイベが面白かったので、ちょうどセール中ということもありDL版のツインパックみたいなやつを買いました。

とりあえずEXTRAはセイバーで一周、CCCはギルで一周。今はEXTRAはアーチャーで二週目の途中、CCCは再びギルでCCCエンド目指してるとこ。どちらも女主人公でプレイしてます。

FGO始めたきっかけがエリザベートだったのでCCCは元から気になってたんですけど、エリザベートもメルトリリスもパッションリップも、FGOから知ってCCC見るとめちゃくちゃ尖っててびっくりしました。とくにメルトリリスはかなり尖ってた。まだCCC√回収してないので、あのエッジのききすぎたメルトリリスがCCCイベのメルトリリスになるのが信じられずにいます。はやく回収したい。

FGOプレイヤーとしては、CCCプレイしてみるとエリザベートの新モーションがめちゃくちゃCCC寄りになったのがよくわかってとても楽しいです。尻尾でビターン! するのすごい可愛いし強そう。原初のギルはだいたいエリザベートの尻尾で殴ったので、見るたびに思い出し笑いします。

 

エリザベートの可愛さは誰もが知るところなのでひとまず置いておくとして。

わたしはFate関連でまともに触ったことあるのはFGOとZeroだけなので、ギルガメッシュに関する知識もその2作品のみでした。中でもZeroのアルトリア推し愉悦部の印象がめちゃくちゃに強いので「本当にこれをサーヴァントとして従えることができるのだろうか?」と半信半疑。

EXTRAのネロちゃまは終盤で「余は奏者が大好きだーーー!!!」とどストレートな告白をかましてくれたりしたものだけど、はたしてギルガメッシュとそこまで親密度をあげることが可能なのであろうか。というかそこまで親密度があがったギルガメッシュってどういう対応してくれるのかすら想像できない。

ギル√は高確率で死にゲーと聞いていたものの、乙女ゲーで鍛えた勘が冴え渡り戦闘以外では死なずに進められました。戦闘ではよく死にましたけど。

EXTRAの主人公に比べるとCCCの主人公はだいぶ個性が強まった感じがしました。基本的にセリフはないけど地の文では感情豊かですしね。もともとの人格の「岸波白野」もさぞ面白い人だったに違いない。

 

CCCのギルガメッシュはZeroのギルガメッシュよりも基本的に機嫌が良さそうな印象があって、主人公の言動をいつも面白がってくれてた気がします。Zeroのときのギルガメッシュだったらこんなことしたら殺されそ~!って思うようなとこもちょっとあった気がした。

ZeroのギルガメッシュよりもFGO7章のキャスギルに近そう。メンタルに余裕がある。長いこと眠り続けて暇してたから、主人公の言動がより面白く感じられたりしたのかな。

まあ機嫌が良さそうとはいえギルガメッシュギルガメッシュなので、「マスターとサーヴァント」という関係でありながら「味方ではない」「この戦いは貴様ひとりの戦い」と突き放されるけど、個人的にはその塩対応にもテンションあがりました。やっぱ最初はそうでなくちゃ。

戦いを重ねるに連れてギルガメッシュの態度がちょっとずつ軟化していくのはまさに乙女ゲーの(乙女ゲーではない)醍醐味といった感じですが、ギル√がわたしに突き刺さってくれるのは心をひらいていくのが女主側もしかりという点。

最初の頃は、悪鬼のごときサーヴァントと契約し令呪も一気に使い果たしてしまったので、気の休まるときがあまりなさそうな日々を送ってました。それがだんだんギルガメッシュに対してある種の信頼を置き始め、ギルガメッシュの言動に一喜一憂するようになる様は少女マンガを読むようなときめきがあった。すごい。わたしは今乙女ゲーをやっていると何度錯覚したことか。

まあ度重なる女キャラへのセクハラまがいの発言などにより「女主も用意されてはいるけど物語のベースは男主なんだな……」と我に返ったりもしましたが。選択肢のセリフは男女で差があるらしいですが、他のテキストは差がなさそうだし。地の文で「私」などの一人称が使われずにフルネームが表示されたのもそういう都合なのかな。

ジナコ恋人作戦で凛に「お似合いのカップル」認定されたときは、2030年なら同性愛も一般的になっててもおかしくないのかな、などと思ったけど、ガウェインにまで言われたときはかなりびっくりした。いやまああなたの王様♀も女の人と結婚しましたしね……でもそれはそれか……。

 

話がずれました。

ただ観測、鑑賞するのみだったギルガメッシュの様子が変化してく描写で、一番ときめいたのがカルナ戦でのワンシーンです。

立ちふさがるカルナを前に、ほんの僅かだけどマスターを庇うような素振りを見せた(ように主人公には思われた)というシーン。ここめちゃくちゃ乙女ゲー力が高いし夢小説力も高い。ただ「観察対象」だったマスターが、たとえ接し方は変わらずとも「殺されては惜しい存在」にランクアップしてるという証拠ですよね……。

こういう暴君系キャラは徐々に徐々に僅かなデレを見せてくるのが何よりも破壊力が高い。あらゆる宝具よりエアよりも王のデレが一番最強です!! 好き!!! 惚れた!!! いやもう惚れてる!!!

あとBBちゃんに対して「この娘の命は既に我のものだ。貴様にくれてやるものは何一つない」みたいなこと言うところもだいぶデレを感じました。これはパッションリップ攻略のあたりで出たセリフだったかな……。もうこの時点でだいぶ主人公を気に入っている。

 

そして待望の宝具解禁イベント。塩対応の本能ギルとの対面は記憶喪失シチュっぽさがあってめちゃめちゃときめいたし(わたしはあの時うっかりギルガメッシュの服を愉悦の現代衣装にしてしまったがためにちょっと雰囲気が損なわれてしまったのですが)、自分の命よりも英雄王を取り戻すために進むことをやめない主人公の献身と、それにしっかり応えてくれる英雄王、最高に萌えでしかなかった。

あの後からもう完全にデレスイッチが入りっぱなしになる英雄王ほんとに心臓に悪いです。ダンジョン入ったときのボイスとか戦闘ボイスとかむちゃくちゃデレてますよね。

わたしは勝利ボイスの「おい、怪我はないな」って聞いてくれるやつと「見事だ! あとで飴をやろう」ってやつが好き。あと戦闘開始あたりで「下がっていろ」って言ってくれるのも好き……。なんて夢女に優しいんだ……。

ゲーム始めた時はこんな認めてくれることすら信じられなかったのに、もともとのギルガメッシュに対するイメージや序盤の塩対応からのギャップが激しくてマスターを省みてくれるだけで最高に萌えを感じてしまう。これだけでも充分乙女ゲー認定してしまうくらいにギルガメッシュ夢女の魂は救済されていたんですけど、エンディングが怒涛の勢いだった。

まずBBちゃんとラストバトルのときに「我の許しなく(主人公)を害することは永遠に出来ぬと思え!」って啖呵切るのめちゃくちゃにかっこよすぎて死にそうになったし、月の表側での再会は英雄王の相変わらずな王様っぷりとそれを喜ぶ主人公が微笑ましいし甘酸っぱい気持ちにもなるし最高に少女漫画。

極めつけはラストもラスト。EXTRA同様、聖杯戦争勝利するも元NPCのためムーンセルに分解されてしまう、というところで「ここで死ぬのは我が納得が行かん」「ムーンセルが要らないというなら我がもらってもいいだろう」と1500光年だか離れた場所まで主人公をさらってしまうという駆け落ちエンド。駆け落ちですよねこれはね? しかもあのスチルほんと乙女ゲーか?! 乙女ゲーだよ!!!(確信)

「うっかり地上まで落ちるのを期待したのだが」みたいなセリフ言うけど、あの両手を広げたスチルのギルガメッシュに言われると「落ちそうになった雑種を抱きとめてやるつもりだった」と言いたげに聞こえる!!! いやそうとしか思えない!!!!!!!

乙女ゲーじゃん!!!!!!!!!!

FGOのキャスギルに夢女の魂をスナイプされてからというもの夢小説が読みたくて仕方ないし、かといってただ優しくしてもらえるのは「コレじゃない……」と苦しむ気がするため悶々としていたのですが、CCCのおかげで綺麗さっぱり浄化されました。ありがとうCCC。他鯖も回収したらEXTELLAもやりたい。ただアクションゲーは壊滅的に才能がない予感がするので積む気がするんですけどね……。ダンジョン攻略でもマップ移動はだいぶ手こずったので移動しつつ戦闘となると死にそうです。

 

ギルガメッシュ夢女としてCCC大満足ですが、強欲な雑種なのでやっぱり女主で動かせる恋愛ゲーがやりたい。できれば選択肢選ぶだけのノベルゲーが良いけど簡単な戦闘ならがんばる……。

恋愛ゲーならギルガメッシュはもちろんのこと、あとロビンとかディルムッドさんとか攻略したいですね。中の人的にも乙女ゲー出てくれそうだし!!!!

乙女ゲーのギルガメッシュはデッドエンド最多キャラでいてほしいしトラウマエンディング製造機であってほしいし子ギルくんにも会いたいです。

ゲームが無理ならせめてダミーヘッドマイクに……ダミーヘッドマイクに囁いてくれ…………。

来世は増田俊樹のダミーヘッドマイクになると決めていますが英雄王がダミヘに囁いてくれるなら英雄王のダミヘとなることもやぶさかでない。シチュCD出してくれ~~~~!!!!

 

 

追記:二週目はわくわくざぶーん英雄王を連れ回してたのにやっぱりチンピラみたいな現代服で現れたのであれは仕様ってことなんですね? なぜなのか。

 

2016年のCV増田俊樹

年が明けてからひと月過ぎてようやく去年の振り返り記事をあげるという体たらくです。

てか去年出たやつで買えてないのいくつかあるんでそれ買ってからにしようと思ってたけど多分そんなこと言ってたらいつになるかわからないので振り返れる時に振り返っておこうと思う。

シチュCD編とアイドルソング編とキャラソン編の3編でお送りします。

ドルソンとキャラソンは同じ作品から複数出してるものばかりなので作品被りしないように選んでます。

 

 

乙女向けシチュCD編

♡1位 ディア❤ヴォーカリスト Riot レオード

レオたまほんと最高にかわいくてかっこよくて声のトーンも好みドンピシャだし髪の毛ピンクだし(蔵王立くんからピンク髪ブームが続いている)甘々かわいいレオたまは最高の彼氏です。

くわしくは前に上げた感想記事を見てください。

otmsd.hatenablog.com

 

♡2位 ひめのかぞくをしょうかいします! とうやおにいちゃん

とうやおにいちゃんは2番目のお兄ちゃんで高校生なのでまだひめの甘やかし方に慣れてない感じがめちゃめちゃかわいかった。慣れないながらもがんばってひめの相手をしてくれたり本を読んでくれたりするのがいい。

毎日いっしょにねんねしてほしい。

 

♡3位 YES×NO4 北條朔也

彼女が好きで甘やかしてあげたい気持ちはあるのになかなかそれが出来ない不器用さがかわいかった。アプリ版も買ってしまったけどほんとに聞きながら寝る時の快眠ぶりは最高です。ただし起きた時に現実のギャップに打ちのめされるから使用は程々にしたほうがいい。

最高の彼氏はレオたまだけど結婚するなら朔也くんのほうが安定感ありそうかなとは思います。

2016年は血も吸ったし夜のお誘いもしたし裏名義によく似たお声が現れるのもそう遠くないのでは!?という希望をわたしに見せてくれた一枚。

 

 

アイドルソング編

☆1位 FORBIDDEN★STAR Epicurean「Check it Love!」

新作発表で名前を見た時はま~たアイドルかよと思いましたが、Rejetは楽曲関してはかなり信頼しているのでとりあえずCDは買いました。めちゃめちゃ好みだった。

ロミオくんはちょっと不思議ちゃんキャラらしくて、けだるげな歌い方してるのも他ではあまり聞かないのでよかったです。

CROSSLINKの方はヤミドル感が強い気がしてあっちも好きです。

 

☆2位 KING OF PRISM 仁科カヅキ&大和アレクサンダー「EZ DO DANCE -K.O.P. REMIX-」

プリリズ初心者のくせに増田俊樹が出るというだけで劇場にペンライト持参で行ってきたんですが、見る薬物って感じですごかった。

中の人がまだ若い上にあの魅惑の低音ボイスということでアレクサンダーの方に話題を持っていかれがちな気がしますが、いや、でも増田俊樹も相当すごくない?ヤバくない?(推しの贔屓目)

カヅキ先輩のほうがちょっと拙い歌い方なのに、アレクサンダーとはまた違った色気みたいなものがある気がしていて……これが……プリズムのきらめきなの……?(なんか違うと思う)

カヅキ先輩は歌よりダンスで勝負するタイプのキャラと聞いていたのでこの歌い方もなるほどなと思ったし、athletic coreやflavorと比べるとカヅキ先輩と増田さん本人の成長を感じられる気がしてより楽しい。

 

☆3位 B-PROJECT MooNs「ラブ☆レボリュ」

Bプロはどれも結構好きなんですけど今年出た中ではこの曲が一番好みでした。根が夢乙女なので釈村帝人くんに夏のビーチでこっそりどこかに連れ出してほしくなった……。

2番サビの「君のすべてを独り占めしたくて」ってところがもうめちゃめちゃに好きです。してよ!!

ところでこの曲が出た時は4月なのに思いっきり夏の歌でびっくりしたんですが、先月は冬なのにまた夏歌を出してきたし、MooNsは夏歌担当なんですかね?アニメで出てきた「夢見るPOWER」も夏っぽいカレーソングだったし。もうあれカレーの歌にしか聞こえなくなってくるからCMってすごい。

この曲が出た頃はまだ帝人くんがあんなオタク全開キャラだとは思わなかったし、家庭事情に闇を抱えているかもしれないキャラだとも思っていなかった。しかもそれがやむやなまま夜叉丸さんがあんなことになるなんてもっと思ってなかったよ!!なんだったんだ!!でもブリパは最高だったよ!!

 

 

キャラソン編

♪1位 THANATOS NiGHT ニア「虜 -Capture-」

ドラマパートでは見事にメンタルを蜂の巣にされましたがわたしは元気です。

2016年も最後にとんでもないものがやってきてしまったが、キャラソンが本当に最高&最高だったからすべてを許した。この曲だけでも2000円の価値があると思う。

この曲でまた増田さんの幅が広がった気がします。いや広がったのはわたしの世界の方なのかもしれない。2期決まったので次も楽しみにしてます。

でも記憶喪失とかいってわたしのメンタルをフルボッコにしたことを無かったことにしようとしてるのは許さないよ!地獄の釜の底でいつでも呪ってやるからな!!

 

♪2位 大正×対称アリス かぐや「月光」

ep2をやってepilogueまで終わってからじゃないとこの曲は聞いてはいけないと思う。

まあ対アリ気になってる!って人が身近にいたらどこからでもいいからとりあえず触れて欲しい!って気持ちもあるし好きにするのが一番なんだけど、でもかぐやさん推しとしてはすべてを知った上でこの曲を聞いてほしいと思う。

はんなりキャラに見せかけて抱えているものは激しいというギャップがメロディーラインに歌詞に詰め込まれていてキャラソンとしてめちゃめちゃ満足度が高いし、だんだん感情を開放していくような歌い方がかぐやさんらしくて好きです。

 

♪3位 美男高校地球防衛部LOVE!LOVE! 蔵王立「WORLD WIDE LOVE LEADER」

蔵王立くんのかわいさに打ちのめされる曲です。

1期のBaby Baby Sweet Baby!!はアニメ本編では(女子が出ないから)見られないプレイボーイキャラを全面に押し出してたけど、今回は一周回って初期の蔵王くんに立ち返ったような印象すらある。

作詞のhotaru先生は迷走する立っておっしゃってたんですが、蔵王くんってもともとは結構ボケキャラっぽかったのにだんだんツッコミもやるようになったというかやらざるを得なくなった感じがするので、ある意味原点回帰なんじゃないかと思う。

これライブでやったら絶対楽しいな!って思ってたのでライブ行けてほんと嬉しかったです……楽しかった……円盤出してきゃにめ……。

 

 

CV増田俊樹ソング2016を決めるとするなら総合優勝はニアくん様の「虜 -Capture-」になります。

今年もわたしの財布が死なない程度にCDいっぱい出してほしいです。

あと18推でそっくりなお声も聞けたら嬉しいな~!

同じ事務所の方がテトラポッド登ってるんだから岩壁とか登ろう。ボルダリングだ。

あと乙女ゲームはろろありに期待をかけたいです。今のところ増田さんが出てる乙女ゲー(スマホアプリ除く)にあんまりいい思い出がないので……ろろありほんと頼むよ……。

 

Photo by andrew jay on Unsplash