読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おとます試験紙

CV増田俊樹に財布の紐を握られている乙女系オタクのブログ

防衛部LOVE!LOVE!LIVE!感想

防衛部

増田俊樹蔵王立で、蔵王立は増田俊樹で、村上喜紀くんの眼力がヤバかった。

おおざっぱな感想としてはそんな感じです。

 

 

去年のLOVE!LIVE!で物販スルーしてめっちゃくちゃに後悔したので、今年は真面目に並んでライブTシャツもトゥルーラブレードもタオルもリストバンドも買いました。
トゥルーラブレードの動作確認をしつつ、持ってきたキンブレを防衛部用に赤青緑黄色ピンク白の順にセッティング。
トゥルーラブレードにはVEPPerカラーも入ってて、またVEPPerもミニライブやるのかなあとか、征服部のペンライトカラーも教えてくれればいいのになあとか、まあ呑気なことを考えていました。

開場時間の5分くらい前に並んで早めに入ったんですが、すごい広い。幕張って広い。
アリーナの下手側、前から1/3かそこらへんの席だったと思うけど、結構遠めだった。
私はライブイベントって去年のLOVE!LIVE!が初めてだったので、Zepp東京の印象がすごく強かったんですよね。早めに入ってまだ人がまばらなのもあって、本当にこの中がすっかり埋まってしまうのか、なんだかちょっと不安で、そんなにも防衛部を応援する人がたくさんいることに嬉しさと、よくわからない怖さみたいなものを感じた。

ステージは前回同様に1階と2階に区切られた形で、メインスクリーンと左右に小スクリーンがひとつづつ。メインスクリーンはハートの枠がついてました。


30分押しでの開演は、焦らされた分の熱量が一気に爆発したようでなんだか意識がおぼろげです。
一曲目の沸点突破☆LOVE IS POWER☆の入りはすごく強烈に覚えてて、ステージの2階に5人がせり上がってきたんだけど、OPの再現みたいに最初は逆光でシルエットだけ浮かび上がったんですよね。
そこに重なる「LOVE IS BACK!」のアツさといったらなかった。
また防衛部が帰ってきた。1期が終わって、2期が終わって、そしてまた。
2期1話を初めて見た時のような感覚で2度目のライブの開幕を噛み締めました。
今思うと、もう最初からそういう構成だったんですね。

ライブキービジュのあの水玉模様の衣装、最初に公開された時は正直、ちょっとダサいな……って思ったんですけど。あれをキャストが着るとは思ってなかった。
いっぱいの歓声と照明を浴びて歌って踊る五人を見て思ったことは、ダサいとかダサくないとか、カッコイイとかカワイイとか、そういうもの全部を超越して、ただただ「防衛部はアイドルだ」というそこにある事実だけでした。防衛部はアイドルだった。

続くLet's GO!! LOVE Summer♪とBoys Go Straightは、すごく対称的な曲だなと思っています。
ラブサマーはキャラクターたちが全面に押し出された楽曲で演出で、本当に目の前で防衛部のキャラクターたちがわちゃわちゃしてるようで本当に可愛かったです。
あの時ステージに居たのはキャストではなく本当にキャラクターたちで、女の子にテンションを上げる蔵王くん本当可愛いし、硫黄くんにすげなくされていじけたみたいにステージにうずくまる蔵王くんもすっごく可愛い。ライブでもキャラ声で歌える増田さんすごいなって今は冷静に思うけど、あの時はそんなこと考える余裕もなくて、推しキャラが三次元に存在して歌って踊っているという衝撃にひたすら意識を保つことに必死だった。
2番のサビ後の間奏でエアバンドみたいなことする振りがあったんですが、バンドパロする防衛部めっちゃイイナ……ってキャラ萌えのこと考えていたら梅ちゃんと増田さんがエアギターしてて、その瞬間はあまりの顔面偏差値の暴力になにもかもが吹っ飛びました。あの日はみんながみんな作画班神がかってて一瞬でも気を抜いたら死にそうだった。

対するボイゴは、作詞のhotaruさんもブログで書いているようにキャストの今までの歩みですよね。それもあって、歌詞の「白い靴へらす度」ってフレーズ聞くと、去年のライブ思い出します。
あのライブに参加するまでは、防衛部に対して、円盤買おうという気が起きる程度には楽しんだけど、そこまで本気ではなかったんですよね。
あの日、キャストが防衛部に懸ける思いの強さを知って、もっともっとこの人達が見たいと思って、もっともっと防衛部が続いて欲しいって思ったんです。
それが現実になって今日のこの日が、この瞬間が来たんだって。それを思うと泣いてしまいそうで、でも、泣いてしまうのは勿体なくて。
「笑い声はいつの間にか声援になってた」という歌詞が、ライブでは「歓声になってた」にアレンジされていたのも本当に涙腺を刺激されました。
声援を超えて、歓声になった。それだけ愛される防衛部になった。そのことを深く実感したし、そういう私たちの声はあのステージに立つみんなに届いている。それが本当に嬉しかった。


MCを挟んで次はソロパート。
もちろんトップバッターは蔵王くん!増田俊樹!なのはわかってたんですけど、「誰から行こうか~?」って振りに、ちょっとソワソワする素振りの増田さんすっごい可愛くて、なのに振りの確認みたいな感じでさらっとターンを決める姿は心底かっこよくて、不意打ちは卑怯だと思います。心の準備をする前にそのキレキレのターンを見せるのはやめてください!死んでしまいます!!

あと「前回のライブのときにだますちゃんが『次はLOVE!LOVE!LIVE!だね』って言ってたんだよね」って和臣さんが言ってくれたのほんとに嬉しくて思わずうんうん頷いちゃいました。円盤の特典のキャストトークで増田さんが言ってたんですよね。
いろんな夢を現実に描いてきている5人を改めて目の当たりにしてまた泣きそうになる。


去年のライブにしても、増田さん本人は結構熱い男で、Baby Baby Sweet Baby!!はその増田さんのライブでのアツさと絶妙にマッチしてたんですが、WORLD WIDE LOVE LEADERは蔵王くんの可愛さを全面に押し出したような曲ですよね。だからどうなるのかなあと思っていました。
でも、ラブサマーで完璧に可愛い蔵王くんを見た後だから何も不安はなかった。

多分前回のソロ曲同様、キーちょっとは弄ってたと思うんですけど、そんなの気にならないくらいに蔵王立は蔵王立でした。
以前Twitterで、あんスタのユニソン収録の際、増田さんは朔間零を降臨させるために床に寝転がってから起き上がるといった話を目にしたことがあるんですが、蔵王くんはカチューシャを媒体に降臨の儀を執り行ってるんだろうなと思っていたんですよね。
でももう今の増田俊樹にカチューシャは必要ない。小道具がなくても蔵王立を降ろせるくらいに理解を深めているんだと思う。

もう全部が全部可愛くてカッコよくて可愛かったし、ステージの中央に台置いてそこに足掛けたりするのほんっっっっと~~~~~~~~~にカッコよくてあの蔵王くんは億単位で女を抱いてた。
特に印象に残ったとこをあげてくと、2番の「西から東へ」のとこで下手から上手へステージ上をスーパーダッシュするところがすごく良かった。
それでもちゃんと歌えてるの本当にカッコよくて、その後「北から南へ 疲れたなら温泉」のとこで本当にへろへろ…って感じの歌い方になってるのが可愛くて。
カッコいいと可愛いを間断なく投げてくるの心臓が持ちません。
それから「ごめんな」ってところで手合わせて謝るポーズするのめちゃめちゃ可愛くて蔵王くんだったし、「みんなのさ 笑顔見て」のあたりから客席に背を向けて考え込むみたいなポーズ取って、「やっぱり女!」で客席を振り向くの、最高だった。めちゃめちゃ可愛かった。なんかもう表情も最高に蔵王くんで、問答無用で見ているものすべてをメスに叩き落とした感じ。最高だった。最高。
あと「True Love Hunter☆」で指を銃にして撃ち抜く動作も大好き。

「la la love and sing a song la la la…」のところは蔵王くんが(蔵王くんが)煽ってみんなで歌ってたんですが、最後のパートではイヤモニ外してて。後のトークで言ってたんですが、みんなの生の声が聞きたくてわざと外したんだそうです。もうそれ聞いてさらに好きになった。

終わってから「次はもちろんアイツだぜ」ってはけてく蔵王くん最高に最高に最高に可愛くてカッコよくて気絶しそうだった。


次はもちろんアイツ、硫黄くんのソロ曲でFeel it!
相変わらず独特の動きなんだけど、でも去年と比べると格段に上手になってたと思う。
増田さんはアイドルやりすぎってくらいやってるけど、白井さんもアイドルものいくつか経験して、ライブもしてますよね。そういう経験値がここに還元されてるんだなあ……ってしみじみしました。
スクリーンに映し出されてる白井さんの表情がほんとうに切なくて硫黄くんだった。
最後に伝説の謎ステップも披露されて、歓声とともにあたたかい笑い声もあって。そういうところが白井さんの魅力だなあ。


キャラソンCD順に、次は熱史でぐるぐる大変EVERYDAY!!
ソロ曲の中ではライブで一番楽しみにしてたのがこの曲です。(蔵王くんは別格として)
コーレス出来るところ多いし、絶対楽しいだろうな~!って思ってて。それに西山さんの女子アイドルを思わせる可愛い動き大好きなんですよね。増田さんはキャラを自身に降ろすようなパフォーマンス力が群を抜いているけど、西山さんは西山さんでエンターテイナーだと思う。
白井さん同様、西山さんも存分にパワーアップしているのがよく分かる、堂々たるステージでした。前回のWhy So Cool?はスタンドマイクでかっこよかったけれど、やっぱり西山さんは動き回ってこそだと思う。
今回の曲はその魅力が目一杯発揮されていたと思います。
全部が全部可愛らしかったんだけど、やっぱり一番印象に残ったのは2番の「食感プリプリ!」のところでお尻をプリッッと振る西山さんのあざとさですね。
彼は自分の魅力を一番わかっている。たろり可愛いよたろり。


梅ちゃんは本当にイケメンだなと思い知らされたのが、次の風呂は究極極楽施設!!
小道具にハット選ぶの、すごくずるい。2階ステージから登場で、冒頭で帽子を投げて1階に降り、また拾って被る。たったそれだけの動きでも様になる。
梅ちゃん本当に歌上手くなった。もともと上手だったけど、表現の幅が広がったなあという感じがします。かっこいい。
問題のフレーズがラスサビ前のセリフのところなんですけど。
「俺は、風呂を愛してるんだ!」ってところを、ライブでは「俺は風呂とお前らを愛してるんだ!」に変えられてたんですよね。
会場のすべての観客が撃ち落とされたと思う。
去年のライブでは投げ(やり)キスを飛ばし、ソロ後のトークでは「みんなそういうことやるなら事前に言ってよ」とぼやいていた梅原裕一郎が、あの梅原裕一郎がそんなアレンジをすることに深い感動がある。


最後はしっとりバラード曲、有基の伝えきれないありがとうで締め。
2階ステージに座って丁寧に歌う姿がすっごく可愛かった。CDだと有基っぽくやや棒気味に聞こえるのが、ライブでは和臣さんの歌唱力そのままに歌い上げていたのが、かえって胸に響きました。
もう歌だけでも胸がいっぱいだったんですが、間奏のところで和臣さんがお手紙を取り出してみんなに向けたメッセージを読み上げてくれて。応援してくれたファンのみんなへの感謝といった内容で、読み上げてる和臣さんも聞いてるこっちも目元が潤んでしまいました。ラスサビは完全に涙声になってたし、最後はけるときも声が嗄れそうになるくらいに何度も何度も「ありがとう!!」って叫びながらで、もう涙腺が完全に決壊しました。


会場全体がぐすぐす涙ぐみ鼻をすする中。
なんか2階がざわついてる?と思っていたら、嫉妬に燃える別府兄弟の声が。
スクリーンに映る二人は明らかに場内にいる姿で。しばらくどこにいるか見つけられず、上手から伸びるスポットライトに気付いて光を辿って、ようやく見つけられました。
シークレットゲストでVEPPerの登場。もう本当に興奮した。そして遅ればせながらペンライトの意味に気付いた。そういうことだったんだな~~~!!!!
「アイドルってのはどんなものなのか見せてやる!」みたいなセリフを吐いて、制服姿のVEPPerが歌い始めたのはあなたは遥か一等星。2階席からファンサしながらステージに移動していくVEPPerの二人、多分こんな大きい箱で歌うのって初めてなんじゃないかなと思うんですが、特に村上キキくんなんかまだ出演作もあまりないくらいで、それなのに本当に堂々したアイドルでした。
あなたは遥か一等星もED映像を意識したような、背中合わせで手をつなぐ部分があったのがすごく良かった。本当に作品のためのライブだった。
ステージはちょっと遠くて表情まではよく見えなかったのですが、スクリーンに映る村上キキくんの眼力というか、挑戦的な表情が本当にハルくんそのもので目を奪われました。
コウさんはアキさまっぽい色気のある微笑が美しくて、本職アイドルとしての格を見せてくれた。最高だった。

「次はあいつらもデュエット曲を歌うらしいよ」
「アイドルじゃないのに俺たちよりいっぱい曲あってマジムカつく!」
と、VEPPerらしいバトンを渡して一度退場。
アイドルじゃないのに~のくだりは思わず笑いました。メディアによっては防衛部もアイドル作品として扱われたりしてるんですよね。あとはまあ、1期の段階でネットアイドルって設定もあることはあったしね。


デュエットのトップバッターは2年生コンビ。
-Halfway-では、スクリーンに通学路をイメージしたような画像が流れ、制服姿に着替えた2人が2階ステージから登場。
蔵王くんってソロがネタに近いというか、いやネタではないんですけど、ノリが明るくて「女の子大好き~!!」っていうハッピーな曲じゃないですか。だから硫黄くんと組んだ時の落ち着いたトーンがすごく際立つと思う。
1期のデュエソン同様に、今回も左右対称な振り付けが多くあったなと思います。それぞれメインスクリーンを挟んでステージの両端に立ってたんですが、時々視線を交わすのがすごくそれらしくて良かった。
続いてSync a Thinkも歌ってくれて、本当に嬉しかった。
前にDJ白井さんのニコ生で「こんなにいっぱい歌うの初めて」みたいなこと言ってて、1期の歌も少し歌うんだろうとは思ってたんですけど。絶対無敵とジャスゴくらいかなあって思ってたから驚きました。
この曲では増田さんが上手から、白井さんが下手から、2階をトロッコで回りながら歌ってたんですが、この曲の蔵王くんは硫黄くんへの友情を歌うから、客席見ないんですよ。大好きな女の子たちを見ないで、反対側にいる硫黄くんをずっと見てるの。
もうそういうところが本当に本当に増田さん大好きで、そういうキャラを降臨させるファンサの鬼だった。あそこにいたのは蔵王くんだった。
白井さんは結構客席見てくれてましたね。それもそれですっごく嬉しいメスゴリラなので下手側に回ってきた時は全力でペンライト振りました……笑

MCでは2期2年生回の話が出ました。
2人がああして出会って今に繋がるんだね、という振り返りから作中のブレザー事変(笑)に流れ、そわそわする2人。
見ている方もまさか!?と期待に盛り上がると、なんと2人が脱いだブレザーの内側にはアニメと同じようにハートが貼り付けられてました!も~~芸が細かい!!
その後着直すときに白井さんが手間取ってしまったんですが、「硫黄はちゃんと着ないとね」って言いながら手伝ってあげる増田さんめちゃめちゃ微笑ましくてほんとに中の人も含めてこのコンビ大好きだな……って思いました。可愛い。


次は3年生コンビ。こちらは凪いだ風の交差点からでした。
3年はアリーナ後方からトロッコに乗って登場。上手側が梅ちゃん、下手側が西山さんでした。私は下手側ブロックの内側だったのでちょっと残念だなって思ってたんですけど、それでも充分に近かったし、西山さんは本当に楽しそうに笑顔を振りまいていて、アリーナも2階3階の方まで振り向いてくれていて、神対応だなと思いました。多分下手側の人間はほぼほぼ全員が西山宏太朗と目が合ったと確信できるレベルだったと思う。
しかも、途中で私の座席のブロックの前で2人のトロッコが交差して。前に4、5人しかいなかったんでめちゃめちゃ近く感じたし、むしろトロッコの高さ的にちょうど良くて西山さんと目が合った。目が合いました。
交差してこちらに近づいてきた梅ちゃんは残念ながらステージの方に体を向けていて背中しか見えなかったんですが、トロッコのふちを掴んでいる手がちょっと震えているように見えて、こういうところが梅ちゃんのずるいところだなと噛み締めました。ずるいっていうのも違うんだけど、でもそれしか言葉が見つからない。梅ちゃんってほんとにイケメンでスペック高くて、何事もさらっとこなしそうなスマートさがあるんだけど、時々見せる人間らしさがぐっと心を掴む。

この曲でトロッコを交差させるの、ほんと良演出だったなって思います……。
あそこが交差点だ……。

騒がしき輝きし日々は、曲紹介で西山さんがちょっと噛んじゃったのを梅ちゃんがツッコミ入れてて、ただそれだけでも仲の良さが伝わってすごく微笑ましかった。
こっちの曲は振り付けがすごく可愛いかったです。2年生のシンクロ感もすごく好きなんですが、3年生のそれぞれの個性をそのまま大事にしたような踊り方の違いが本当に良かった。
卒業しないで~~~~~~~!!!!!!!


次は箱根兄弟。今年もあんちゃんこと杉田さんは映像出演でした。
今回は明るい茶髪のウィッグをつけてたんですが「髪型が安定しないあんちゃんだよ」と自らネタにしていくところはさすが杉田さんでした。
映像残るから詳しくは言えないけど新選組的なヤツらしいです。多分ドS皇子的なヤツかなって思いました。……発表なかったけど円盤出す気はあるってことですね。よかった。

「こんな有基は嫌だ」シリーズで会場を和ませてから「どんな有基でもあんちゃんは愛してるぞ」と兄弟愛で締めてくるのめちゃめちゃ萌えました。
そんな箱根兄弟のデュエソン1曲目は、Oh My あんちゃん。
前回のライブと同じくスクリーンにあんちゃんのセリフが表示される演出で、コールもしやすくて楽しかった。
あんちゃんのセリフに乗せて「ユモトー!」とか「愛してるぞー!」とかって叫べるの、めちゃめちゃに楽しいです。
次また蔵王くんのキャラソンが出るなら蔵王くんの女の子がコール出来るような歌詞があったらいいな~~~!!!!

次のBrother Lover Rapper feat. MC YOU MORE TONE & MC GO-Rap from KUROTAMAYUは、間のトークで「プッチャヘンザ」「プッチャアンチャン」のところでペンラの振り方に指定が入りました。
プッチャで下ろして、ヘンザ/アンチャンで上げる。それの指示を出す時の和臣さんめちゃめちゃに可愛くて、そこかしこで可愛い~!って声があがってました。可愛かった。

そして始まったラップ曲なんですが、サングラスにスーツのバックダンサーが登場してのカッコイイ振り付けでした。ちょっとPerfect Humanぽかったです。
プッチャヘンザのあたりとか息切れしそうになってたんですけどそこがまた可愛くてダンスはカッコよくて会場みんながユモトブラコン強火あんちゃんだった。
1曲目の後だったか2曲目のあとだったか忘れちゃったんですけど、和臣さんも「わ~あんちゃんがいっぱい!!」って言ってくれました。私たちはあんちゃん。


和臣さんがはけると、2話の有基があんちゃんに褒められて別府兄弟が嫉妬の眼差しを送るシーンが流れ始める。
大宇曽くんがVEPシアターに招かれ、ダダチャのMCが入って、……今度はどこからやってくるのかな!?ってそわそわしてたんですけど、あの登場は本当にすごかった。
☆Star☆The☆VEPPer☆の入りとともに、2階ステージから、作中の赤いソファーに座った2人がせり上がって出てきた。しかも変身衣装で。変身衣装だった。
(衣装のクオリティは、うーん、もうちょっと頑張れなかったのだろうかと思ってしまう出来ではあったんですが……。でも演出がほんとに神だった)
私は蔵王くん推し増田さん推しですが、2期のキャラソンシリーズは圧倒的にVEPPerに好きな曲が多くて、中でも2期PVに使われてたこの曲は、CD発売をずっと楽しみにしてたくらいに大好きなんですよね。
1曲だけで終わるとはもちろん思ってなかったけど、こんなにもアニメ再現してくれると思ってなくてほんっっっっとうに興奮しました。
変身後のキキくんも表情が完全にハルくんのそれでハルくんが歌って踊ってて。
も~~~~~あんなの見たら別府エイプスになっちゃう!!
増田さんにしろ今回のキキくんにしろ、多分こういうタイプの声優さんに私は弱いんだなと今自覚しました。なんて言えば良いんだろう。イタコ声優かな。完全にキキくんはハルくんをあの場に降臨させていた。もはやハル様とお呼びしたいアイドルオーラだった。
コウさんの「ハッピーユー!」のときの涼やかなウインクもめちゃめちゃ美しくてアキさまでした。

一度MC入って「アリーナ!」「2階席!」とかって煽ってくれたんですけど、たしかそれまでの防衛部は3階以上を忘れてたみたい(私もそれまで何階まであるのかわかってなかった)なんですが、やはり本職アイドルVEPPerはそこまできっちり煽っていてさすがでした。そのアイドルの道が嘘のまみれていたとしても、真に心を捧げるのはたったひとつの光であっても、VEPPerが積み上げてきた道は確かに後ろにあって、今の彼らを支えているんだろうな……(深読みっぽいポエム大好きオタク)。

「アイドルとはなんたるかを見せてやる」
「俺たちにいっぱいいいねしてくれるよね」
みたいなセリフから、2曲目が始まります。「何の曲かもう分かるよな?」という呼びかけに歓声で応えるエイプスたち。もちろん流れたのは絶対革命D.F.G!!
この曲も大好きなので生で聞けたのほんとにほんとに嬉しかった~~~~!!!!
あなたは遥か一等星の2人は切なくて、☆Star☆The☆VEPPer☆はアイドルらしい自信に満ちた輝きがあって、この絶対革命D.F.Gは別府兄弟のそのままのエゴが剥き出しになった曲で、その感情の強さ、激しさを表すようにハル様の表情も最高に輝いてた。
作中で2人が出した武器捌きをイメージしたようなアクションっぽい振り付けとかもあってすっごいかっこよかったです。アクション修行は2人でやったもんね!!
円盤特典のアイドル修行がここに活かされているのかと思うと、今目の前に降臨したVEPPerと現実がより繋がって思えて、VEPPerは三次元アイドルだった。


会場に向けてシューティングスターを決めて怪人を生み出したVEPPerは一旦退場。
そして愛なき怪人が生まれたとあっては、次に出てくるのはもう一択しかないですよね。
スクリーンに変身バンクが流れて、2回目の沸点突破☆LOVE IS POWER☆とともに2期のフリル大盛りバトラヴァ衣装に変身した防衛部の登場。2年生はアリーナの後方からトロッコに乗って登場でした。またしても増田さんは上手側で遠かったのでちょっと残念でしたが、近く通った白井さん手振ってくれてメスゴリラは無事に沸点を突破しました。

MCでは梅ちゃんが「ここからは売れないアイドルグループの登場でーす」ってだるっとしたトーンで言っていたのが面白かった。
蔵王くんは「新衣装も俺似合う!」とご満悦でひたすらに可愛かった。もはや増田俊樹ではなくて蔵王立だった。あまりに蔵王立すぎて何度でも言ってしまう。

トークが一段落して、そういえば強羅さんどこにいるんだろう?と探し始める防衛部。
スクリーンに硝子の棺に収まった強羅あんちゃんが映って、VEPPerが登場して。
「アイドルに必要なもの何かお前ら分かるか!?」というアニメでの対決を再現するようなセリフに大喜利開始。
梅「睡眠?」
「「違う!」」
西「大喜利力」
「「違う!!」」
白「形態模写」
「「違う!(ちょっと笑っちゃってる)」」
増「応援してくれるファン!」
(応えるような会場中の歓声)
「「ち、違う!!(ちょっと迷ってる)」」
和「愛っす!」ここだけ完全に有基
村「違う!アイドルに必要なものは嘘だ!!」

そこからアニメ映像のショタ有基の回想シーンから有基の闇落ち、そしてモアベターまでが流れました。
再びステージ上がライトアップされた時には、5人の衣装もモアベター仕様に。
VEPPerに対抗する1曲は、作中でも歌ったJust going now!!です。
最終回の有基のセリフに、「下手だけど好きとかそういうふうに言われたい、一番だから好きって言われたら悲しい」ってセリフがあるじゃないですか。
散々防衛部もVEPPerもアイドルだったと重ねてはきましたが、どちらも中身は声優であって歌も踊りも本職ではないんですよね。
それでも私は防衛部が、VEPPerが、あの5人と2人が歌って踊る姿が好きです。その道のプロと比べたらもちろん技術は劣る部分もあると思う。でも、あっちのほうが上手いとか上とか、そういうことじゃなくて、私は防衛部が防衛部だから好きで、VEPPerがVEPPerとして歌っている姿に強く感動して。
本当にこの作品が大好きだなって改めて思いました。防衛部が防衛部だから好きです。

去年の間奏では和臣さんが4人を1人ずつ指差してスポットが当たるという演出がありましたが、今回は逆に4人が和臣さんを指差してました。
薄暗がりの中で和臣さんの後ろにスタッフがついているのが見えて、マイクトラブルでもあったのかな、って思っちゃったんですけど違った。
間奏明けた途端、和臣さんが宙に舞った。天使はここにいた。有基は天使だった。

ワイヤー付けのため、というのも演出の変更の理由としてあると思いますが、この振りの違いって防衛部の関係性の変化に近いものがあると思います。
1期の防衛部は有基がみんなを引っ張って、それを4人がしょうがないなって追いかけていくような関係でした。
それが2期では、1人突っ走ろうとする有基を諌めたり、体を張って止めたり。有基の背中を追いかけるだけじゃなくて、時に有基を守ったり導いたりしてくれる上級生4人の変化がそこに凝縮されているようで、それに気付いた途端に防衛部はどこまで揺さぶってくるんだろうって胸が苦しくなりました。
いろんなものが溢れかえって言葉にならなかった。今も言語化できません。


ジャスゴで一旦一区切りというか、一旦締められたぽかったんですけど、ちょっとトークもあったんだけどほとんど放心状態だった。
☆Star☆The☆VEPPer☆あたりからの展開が怒涛で最高すぎてメンタルが追いつかなかった。


アンコールではライブTに着替えた5人が、黒玉湯の湯船風のセットで2階ステージに登場。ここまでしっかり最終回再現ですね……。最後は黒玉湯。防衛部のお約束。
蔵王ソロのイヤモニの話とか、熱史ソロでお尻とプリッと振ってみた話とか、今日の振り返りトークをまったりして。Zeppで伝説となった西山さんの伝統芸(?)も幕張版で復活しました。わざと噛み噛みで「あつくなろうぜ!!!!」って全力で応えてくれる西山さんやっぱりエンターテイナー。

アンコール1曲目はLOVE FRIENDSでした。
この曲は2期発表のバックで流れてた印象が強くて、私の中では2期始まりの曲です。
それをこの2期の集大成のライブの終盤に持ってくるのめちゃめちゃ熱くないですか。
始まりからずっと熱かったしずっと涙腺ガバガバだったけど、押し寄せる波のようにこれでもかと殴ってくるから数少ない語彙が尽きました。
硫黄くんと蔵王くんの「お金の歌なら良いですよ」「女の歌なら良いぜ」の掛け合いが生で見られたのもめちゃめちゃ嬉しかったし、CD収録よりも言い合いが激しくってひたすらに可愛かった。

そしてこのライブを締めくくる曲は、絶対無敵☆Fallin' LOVE☆
和臣さんの「僕たちのはじまりの曲です」という声が涙で震えていて、ほんとうにダメだった。あれで泣かないわけがなかった。
「エンディング延々引っ張っても~」の歌詞があのタイミングでは本当にずるくって。
期待された未来を超えて2期が来て、何度転んでも立ち上がって大きな夢を描いて。
間奏でVEPPerが登場して、一緒に肩を組んで歌っていたのも最終回の再現ですっごく嬉しかった。
愛のために歪んでしまったVEPPerも、最後には和解して、黒玉湯に入って。
まさに絶対無敵素敵な愛の勝利でしたよね。
防衛部のはじまりのこの曲は防衛部全体のテーマがいっぱいに詰まってて大好きです。大好き。


最後のあいさつでは、増田さんが「何十年も続いているようなものではなくて、たったの2年でここまで大きくなったことがいっそ怖い」って言ってたのが印象的でした。 私も会場に入った時に、似たようなことを感じていて。実際に作る側からしたらその感覚もひとしおだろうなと。でも、「そんな気持ちに負けないようにこれからも頑張るから、応援してください」といったことを力強く言ってくれて本当にかっこよかった……。
推しが今日もカッコよくて可愛くて最高に最高だった。

 

心の底から防衛部が大好きで蔵王くんが大好きで増田さんが大好き。
これからもずっとずっと応援します。本当に最高のライブだった。

まだまだもっと愛せるぜ!!!
そのためにも円盤買います。